臨床工学技士の求人・転職支援サービスの臨床工学技士JOB

臨床工学技士からCRCへの転職

臨床工学技士から治験コーディネーター(CRC)への転職

求人が少ない。

臨床工学技士の求人を調べてみると実際に医療機関の求人が少なくないですか?
臨床工学技士の求人が少ないことから、企業で働く臨床工学技士の選択肢のひとつとして、資格や経験が活かせる治験コーディネーター(CRC)の仕事に興味を持たれたと思います。
治験コーディネーターはClinical Research Coordinatorの略です。
治験コーディネーターは上記の頭文字をとってCRCと呼ばれます(以下CRC)。
しかし、CRCとはどのような仕事をするのか、肝心の収入はどれくらいなのか、わからないことも多いのではないでしょうか。
このページでは臨床工学技士がCRCへ転職するにあたり、CRCの仕事内容をはじめ、臨床工学技士が活かせる経験、やりがいや給与、求人募集状況事情、転職アドバイスまで幅広くご紹介します。
このページをお読みになれば、CRCについて、しっかり理解できますので、ご参考ください。

細かい話はおいておいて、さくっと臨床工学技士からCRCになるうえで、どんな経験が活かせるのか知りたい!という方は、下記のバナーより、マンガでご理解下さい!

マンガでわかる!臨床工学技士からCRCへ!

マンガでわかる!臨床工学技士からCRCへ!

もくじ

臨床工学技士がCRCへ転職するSMO企業とは?

CRCとは治験を実施します医療機関において、治験を円滑に運営するために医師や医療従事者のサポート業務を実施します。以前は、未経験から臨床工学技士がCRCへの門戸もほとんどない状況でしたが、ここ最近は大手企業のほとんどが未経験から臨床工学技士も挑戦できるようになりました。そのため、臨床工学技士は現時点ではCRCへ転職できるといっていいでしょう。

また、未経験からCRCへ転職する場合、主にSMOと呼ばれる企業に転職することがほとんどです。

SMOとはSite Management Organizationの略で、治験施設支援機関の訳となります。治験施設支援機関とは、病院やクリニックといった医療機関の治験を請け負います。SMO(治験施設支援機関)企業が提携している病院やクリニックといった医療機関の勤務が中心となります。様々な医療機関で就業できるということが特徴として、挙げられます。簡単にいってしまうと治験を行う医療機関に対して治験業務のサポートする企業となります。

会社規模が大きいほど提携している医療機関が多いため、様々な医療機関における治験に携われることができ、教育体制が医療機関に比べて整っているため、未経験の場合の受け入れ先は、このSMO企業に転職して、CRCとしての経験を積むことが一般的です。

ちなみに治験を実施している病院やクリニック内での直接雇用もございますが、CRCの経験者を求めていることが多いため、未経験から転職となるとかなりの狭き門となります。

CRCが未経験の場合、病院や透析クリニックといった就業経験を2~3年ほどあれば、選考対象としている企業が多いです。その他、医療機関で働く臨床工学技士と比べて、コミュニケーション力が求められます。CRCは透析業務など臨床行為は一切携わりません。その代わりに、治験に関わる業務全般をCRCが対応します。

コミュニケーション力を磨きたい、活かしたい、もしくは新薬開発に携わりたいとお考えでしたら、転職後の目的が叶えられる職業ではないでしょうか。

わかりやすい!CRCの仕事内容

それでは、まずはCRCのお仕事内容について、解説していきます。

CRCは、製薬メーカーや医療機器メーカーなどから新たな商品を市場に出すために、治験という臨床試験を病院やクリニックなどの医療機関で行います。この臨床試験を円滑に進める役割が治験コーディーネーターのお仕事です。

具体的には、治験の準備をはじめ、治験に参加する患者さん(被験者)の説明や参加された患者さんのケア、医師をはじめ、治験を行う医療現場のサポートと製薬メーカーの方との治験の進捗状況などにおける打ち合わせなど多岐にわたります。

治験を行うことによって発生する様々な調整をこなすことが求められます。また治験を進めるにあたり、様々な方とのやりとりや書類の作成が発生するため、事務作業の割合は医療機関での就業と比べて多くなることが特徴として挙げられます。

事務作業が苦ではなく、様々な医療現場の方とコミュニケーションをとって仕事をすることが好きな方や薬の開発に興味がある方には、向いているお仕事です。

逆に向いていないかも知れないタイプとして、黙々と作業をすることが得意という方は、CRCは医療機関で働く臨床工学技士とは仕事の性質が変わってきますので、転職を検討する際に注意が必要となります。

CRCの仕事内容

臨床工学技士の経験が、CRCとしてどう活かせる?

臨床工学技士がCRCへ転職するうえで活かせる経験は次の通りです。

透析の知識

治験を実施するにあたり、医療機関内で透析をしながら治験を行う機会もございます。その際、透析に関する知識が求められるため、その経験が活かすことができます。特に大手SMO企業が、この透析経験を求めている傾向がございます。

カルテ判読経験

臨床工学技士の業務の中で、カルテ判読をする機会も多々あると思います。このカルテ判読の経験は、CRCでも十分活かせます。

医師や医療従事者とのやりとり

CRCは医師とのコミュニケーションは往々にしてございます。

特に忙しい医師とのやりとりは、一般職とのやりとりと異なるため、それなりの医師との対応経験が求められます。

医師とのやりとりをしてきた臨床工学技士は、この経験を活かすことができます。

気になるCRCのやりがいは?

CRCのやりがいですが、大きく以下のように分けられます。

  • 仕事の自由度が高い
  • 肌で臨床を感じることが出来る
  • 患者様や医師や医療従事者との信頼関係を構築できる
  • 疾患や薬効について詳しく学べる
  • 最先端の医療に携われる

それぞれについて、詳しく解説します。

仕事の自由度が高い

CRCは仕事の裁量が大きく、スケジュールもある程度は自身で決めていきます。

一人前として認められると一人で施設を持つと自分で仕事を回せるのであれば早く帰ったり休みをとったりするのが自由にできます。

ご自身で仕事のスケジュールを組み立てる必要が出てくる分、医療機関で働くときより自由度が高くなりますので、自分のペースで仕事がしたいと考えていれば、やりがいにつながるでしょう。

肌で臨床を感じることが出来る

これは患者様に近い立ち位置で仕事ができるということにも言えると思います。CRCは、被験者となる患者様の窓口となりますので、治験に参加した場合、なにか相談があれば真っ先にCRCへ連絡が来ます。

これに加えて、CRCは臨床行為に直接携わりませんが、治験参加時における医師の診察同席や検査結果はいち早く確認しますので、臨床を肌で感じやすいようです。

患者様や医師や医療従事者との信頼関係を構築できる

CRCは被験者となる患者様をはじめとして、医師や医療従事者との信頼関係を構築することが求められます。SMOにおけるCRCの場合、医療機関側から見ると業者扱いとなり、これまで医療機関で働いていたように簡単に仕事をお願いすることが難しくなりますが、その分、担当する医療機関の医師や医療従事者から信頼してもらえるようになることがやりがいと感じるということもあるようです。

疾患や薬効について詳しく学べる

CRCは治験を実施するうえで疾患や薬効について詳しく理解する必要があります。

臨床工学技士の時と比べて、覚えなければならないことも多いのですが、その分、薬効や疾患について詳しくなれます。

そういった意味ですと、医療人としての知識向上につながることがやりがいに感じられる方もいらっしゃるようです。

最先端の医療に携われる

治験は新薬に関する効果や効能、安全性を確かめる臨床試験となります。そのため、結果的に最先端の医療に携わることができるため、やりがいに感じる方もいらっしゃるようです。

気になるCRCの年収を発表!臨床工学技士との差は!?

CRCを未経験から転職した場合、初年度の給与は次の通りです。

<SMO企業の場合>

  • 初年度月給:20~25万円
  • 初年度賞与:基本給2~4ヵ月程度(40~80万円:年間平均)
  • 初年度年収:280~400万円

臨床工学技士の平均年収としましては、400~450万円となりますので、転職した初年度は年収が下がる傾向にございます。

昇給は医療機関より大きいことが多いことから、おおよそ3年程度で前職の年収に追いつく可能性が高くなります。また、部下の管理などの役割となると、より高い昇給が期待できますので、このタイミングで前職の工学技士より年単位という長い目で見ると年収が上がる可能性が高いといえるでしょう。

臨床工学技士がCRCに転職するメリットとデメリット

臨床工学技士がCRCとして働くメリットとして考えられる項目は以下の通りです。

  • 医療現場における経験が活かせる
  • 夜勤勤務はない
  • 自らが携わった新薬が世に出る時など、長期的な視点で社会貢献が出来てやりがいを感じやすい
  • 自分自身の仕事の裁量が大きい為、スケジュール調整がしやすい
  • 透析薬の治験の場合、透析経験がそのまま活かせる

続いて臨床工学技士がCRCとして働くデメリットとして考えられる項目です。

  • 担当施設は選べない為、自宅から通いにくい施設を担当することもある
  • 初年度の給与は下がる可能性が高い(初年度年収:約280~350万円)
  • 定時に退勤できるケースが殆どない為、柔軟に対応する必要がある
    ※月平均の残業時間:20時間
  • 担当する施設やプロトコールにより、早出などになることもある
  • 臨床工学技士としての透析業務に携わることができない
  • 薬の知識をはじめ、常に覚えていかなければならないことが多い
  • 病院内のスタッフや患者さんとの調整のストレスが大きく、精神的に疲れる
  • 書類作成をすることが多いので、事務作業が多く慣れないときは残業も発生
  • 症例獲得を追っていくことがあり、数字対するプレッシャーがある

一見、デメリットのほうが多いかもしれませんが、新薬開発という未来の医療に貢献できる社会貢献度の高いお仕事です。

社会貢献を肌で感じる仕事がしたい、新薬に対する興味や企業で働きたいという希望がございましたら、CRCへの転職も視野に入れてみては如何でしょうか。

業務未経験で応募可能!臨床工学技士向けの求人状況

臨床工学技士からCRCの未経験求人数は当初はかなり少なかったのですが、臨床工学技士の方でもCRCとして活躍できる機会が増えてきました。

特にほとんどの大手SMO企業においては、臨床工学技士の素養があれば未経験から挑戦が可能です。

従来、CRCの業務を行う際に有利だと言われている資格は、看護師、臨床検査技師、薬剤師のバックボーンをお持ちの方の採用を中心に行っておりました。

その理由としまして、CRCは薬事法や医薬品の臨床試験の実施の基準に関する省令(GCP)という規則を遵守する必要があるため、どうしても看護業務や検査値判読、薬学の知識のほうがCRCに必要としておりました。

しかしながら、臨床工学技士の資格をお持ちになり日頃から医師や医療従事者とのコミュニケーションを取りながら「患者さんとの透析業務」が活かせる為、未経験募集となるケースも増えてきました。

最近は透析薬の治験も頻繁に行われているため、透析経験のある工学技士のニーズが高くなっている背景もございます。

募集エリアは、東京や大阪といった主要都市はもちろんのこと、全国各地で未経験CRCの募集に対して挑戦が可能です。

特に岩手県、茨城県、千葉県、静岡県、愛知県の求人ニーズが高いため、対象エリアでの勤務を希望であれば未経験から働くチャンスといえるでしょう。

CRCとしての経験を積まれると全国各地での募集に対して転職もできたりします。

CRCの求人状況

プロのコンサルタントからひと言!CRCを目指す方へのアドバイス

臨床工学技士がCRCへの門戸が開かれたのが2017年に入ってからとなります。今では大手SMO企業ではほとんどが臨床工学技士も受け入れるようになっておりますが、採用後の活躍状況により、臨床工学技士の未経験募集がなくなってしまう可能性も全くないわけではございません。

また臨床工学技士の方の多くが、黙々と作業をすることが得意で、周りとの連携をとっての仕事をすることに対して、苦手意識を感じている方が多いようです。併せて、CRCへの転職に求められる能力としまして、協調性とコミュニケーション力がございます。

そのため治験業界への転職を成功するためには、希望する職種の仕事内容を理解することとその仕事をなぜ携わりたいと思ったかを説明できるかどうかが求められます。

特にCRCのお仕事は、主にコミュニケーション力が重視されますので、コミュニケーション力が試される仕事と覚えておいたほうがいいでしょう。

CRCへの転職の場合、臨床工学技士の資格が活かせなくなります。透析業務や危機管理はほとんど携わらないため、治験業界への転職は、臨床工学技士の資格や経験を捨てる覚悟で転職を臨まれた方がよいでしょう。

給与の改善による転職ではあまり期待に沿えませんので、患者様との近い立ち位置で仕事をしたい、新薬開発を通じて社会貢献度の高い仕事がしたいとお考えでしたら、CRCを検討してみては如何でしょうか。

弊社でも臨床工学技士がCRCへの転職支援の実績は多数ございます。

実際に自分が治験業界へ転職できるのか。転職して活躍できるのか。などの転職前のご相談がございましたら、転職サポートのお申込みください。

無料登録はこちらから

関連記事

ページのトップへ