臨床工学技士の求人・転職支援サービスの臨床工学技士JOB

病院への転職を目指す方から良く頂く質問

病院へ転職する臨床工学技士(よくある質問 Q&A)

Q1)業務における特徴を教えて下さい。
A1)病院の規模や特徴により、取り扱い機器や業務内容が違ってまいりますが、血液浄化療法業務、手術室業務、集中治療室業務、呼吸療法業務、高気圧酸素療法業務、医療機器管理業務など全ての業務をローテーションで一通り担当していただきます。ローテーションは、一週間単位、月単位、半年、一年、数年単位で担当を変わるような病院もあります。又、個々の業務内容においても、病院の特徴によって違いがあり、例えば、急性期病院の呼吸器管理業務ではICUでの呼吸器管理の延長が主な業務となり、慢性期病院では神経系や筋肉系に疾患のある患者様の呼吸器管理業務が主となります。循環器専門病院では、手術室、集中治療室、、医療機器管理業務が主となったりしますし、透析に注力している病院では血液浄化療法業務が主となります。ご自身がどういった業務のスペシャリストを目指されるのか?或いはゼネラリストを目指されるのか?それによって転職先を吟味していただければと思います。
Q2)大病院での平均年収はどのくらいですか?
A2)大病院の場合、ご経験とご年齢によって給与が決まってまいります。
小規模なクリニックや健診センターに比べると、施設の業績や貢献度が反映されにくい為、あまり高待遇は期待しにくい環境かもしれません。ただ、長く勤めれば勤めるほど、昇給や役職手当が積み重なりますので、ご経験豊富な方ほど、年収が高くなります。首都圏における経験が3年程度の方の一般病院の年収の目安としまして350~450万程度が平均的です。
Q3)平均残業時間はどれくらいでしょうか?
A3)比較的残業については、月平均20~30時間程度が多いように見受けられます。
Q4)勤務体系はどのようなケースが多いでしょうか?
A4)日・祝日休みの4週6休制や4週8休制、完全週休2日制などが多いです。
又、当直がある場合には、日勤帯、夜勤帯の二交代制が一般的です。
Q5)夜勤の頻度はどれくらいですか?
A5)月2~4回の当直やオンコールの対応があるのが一般的です。
オンコール対応のある病院では、病院から30分圏内に住んでいる必要がある為、転職先を探される上での一つの目安になります。ただ、救急指定の無い療養型病院などでは、夜勤の対応が無い場合もございます。
Q6)家庭と仕事の両立が可能でしょうか?
A6)手術室業務や集中治療室業務など緊急性の高い業務を担当するケースも多い為、不規則になりがちです。
又、夜勤対応も必要になる為、ご家族の理解が必要になるでしょう。面接時に勤務可能な時間を相談することで、早上がりの対応なども検討してもらえるケースも増えております。遠慮なく応募時に相談してみてはいかがでしょうか。
Q7)女性の応募は難しいでしょうか?
A7)臨床工学技士の男女比は3:1と男性の方が圧倒的に多くなっておりますが、女性の割合は増加傾向にあります。
院内託児所や産休・育休制度がどの病院でも整備されつつあり、女性の方の働きやすい環境が整いつつあります。女性だから男性だからというのはあまり関係なく、ご自身のライフスタイルを良く考えて転職先を探されるのが良いでしょう。
Q8)退職日が決まっておりませんが、応募は可能でしょうか?
A8)ご応募可能です。
転職時期に関しては、病院ごとに時期が決まっているケースと、比較的急募のケースがあります。急募の場合、他の候補者との状況にも左右されますが一般的には1ヶ月以上待って頂くケースも多いようです。まずはお気軽に弊社担当のキャリアコンサルタントとご相談ください。
Q9)面接回数はどれくらいでしょうか?
A9)各病院によって異なりますが、一般的にはほぼ1回で決まるケースが多いようです。
当然様々な事前情報があったほうがより落ち着いて面接に臨めますので、ぜひ臨床工学技士JOBにご登録頂き、弊社コンサルタントのアドバイスをご活用下さい。
Q10)履歴書・職務経歴書はどうすればよろしいでしょうか?
A10)昔は手書きの履歴書・職務経歴書が中心でしたが、現在はWORDやExcelの他、PDFでの履歴書・職務経歴書をご提出頂くケースが多く、弊社からのご紹介のケースも同様です。
臨床工学技士JOBでは、スマートフォン専用で履歴書・職務経歴書が作成できるiResumeもご用意しております。 もちろん、履歴書・職務経歴書の書き方もご用意しておりますのでご一読下さい。
無料登録はこちらから

関連記事

ページのトップへ